グリチルリチン酸ジカリウム

「グリチルリチン酸ジカリウム」というのを聞いたことがある方はいるでしょうか。なかなか耳慣れない言葉でしょう。
名前は長くて覚えづらいですが、グリチルリチン酸ジカリウムは、ワキの黒ずみケアのためにとても有効な成分です。

 

それ以外でも、ニキビのケア製品やシャンプーなどにも含まれているのですが、この成分は一体なんのためのものなのでしょう。

 

グリチルリチン酸ジカリウムは、グリチルリチン酸とカリウムを化合させたものですが、グリチルリチン酸には炎症を抑える効果があり、その目的で漢方にも使われています。
その抗炎症作用は、医薬品にも使われているほどで、抗アレルギー剤や風邪薬などにも含まれているので、知らない間に摂取している方も多いでしょう。

 

肌が炎症を起こすと色素沈着をしやすいのですが、ワキはデリケートなため、色素沈着が起きやすい部分でもあります。
そのため、化粧品に含まれている成分や、ワキを剃ったときなどの刺激で炎症が起きてしまうことがあります。

 

そのときに、グリチルリチン酸ジカリウムが含まれていると、炎症を抑えてくれるので黒ずみ予防になるのです。

 

また、抗菌作用もありますから、ワキを清潔に保ちやすくなり、ニオイ予防にもなります。

 

ただし、グリチルリチン酸ジカリウム自体には美白効果があるわけではありません。
これだけで、ワキの黒ずみケアができるというわけではなく、他の成分と合わせて大事な成分だということを、覚えておきましょう。